薄毛の仕組み

なぜ髪の毛が抜けていくのか

薄毛・抜け毛になる原因・症状は様々あります。

特に成人男性に多く典型的な男性型脱毛症(AGA)は生え際の後退や頭頂部の髪が薄くなっていきます。
また、男性だけでなく女性の30代以降に多い薄毛の症状が、髪の分け目の皮膚が透けて見えるようになります。髪全体も薄くなります。
これら以外の脱毛症で円形脱毛症、薬物脱毛症、瘢痕性脱毛症、産後脱毛症などがあります。
髪の毛は約10万本あるといわれており、髪の毛1本1本には寿命があります。
薄毛でない人でも毎日50~100本が自然に抜け落ちます。
通常、抜けてはまた生えてきます。

薄毛・抜け毛の治療方法

図のように髪の毛は毛周期(ヘアサイクル)になっています。
成長期→退行期→休止期→脱毛(抜け毛)を繰り返します。
薄毛になる原因は主に男性ホルモンのTH(テストステロンが酵素により変換されてできたDHT(ジヒドロテストステロン) の働きに関係し、髪の成長を抑制されてしまうためです。成長期が短くなることにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜け毛や細く短い髪の毛が多くなります。だんだん、薄毛が目立つようになります。

1クール

1/2クール

AGA(エージーエー)のヘアサイクルは成長期が短くなっています

進行性の為、何もしなければ髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていきます。 こうしたことから毛周期(ヘアサイクル)を正常(抜け毛防止)にし、休止期の状態や細く短い髪の毛を活性化(発毛・育毛)することが薄毛治療となります。

診察時に抜け毛が原因なのか、発毛が出来てないのか、育毛が弱いのか、などを診察・カウンセリングにて医師が的確に診断し、正常の毛周期(ヘアサイクル)へ戻すことが最良の薄毛治療となります。

中央クリニックでは、医療機関でのみ治療の出来る、毛髪再生効果のある薄毛治療の実績があります。

抜け毛治療 = プロペシア処方

発毛・育毛治療 = HARG療法

育毛治療 = ミノキシジル外用薬

▲ページTOP

抜け毛予防、AGA治療開始時期は?

発毛治療、AGA治療開始時期は対象となる年齢に制限はありません。 20代~40代で、抜け毛や薄毛、髪のボリュームが少なくなったなど、気になり始めたら早めのAGA治療をお勧めいたします。
特にHARG療法[グロスファクター(成長因子)]による発毛、増毛治療は、男性・女性問わず効果があります。

民間のトリートメントや医療機関の植毛などと違い、
毛髪再生は自分の髪を育て、抜け毛を防ぎ、増やしていきます。

中央クリニックでは、 医療機関でしか出来ないAGA治療、発毛治療を行っております。

▲ページTOP

M字ハゲとは

M字ハゲとはAGA(男性型脱毛症)の典型的なハゲ方のひとつで、ちょうど、額の生え際の両サイド部分から、徐々に頭頂部の方へハゲが食い込んでいき、ついには頭頂部のハゲと繋がっていきます。
正面から見ると、ちょうど「M」の字に見える事から、M字ハゲと呼ばれるようになりました。

▲ページTOP

薄毛やM字ハゲの原因

個人差はありますが、薄毛やM字ハゲに悩んでいる多くの方は、頭皮が薄くなっていたり、硬くなっているケースが多く見られます。このような頭皮の変化は血行や栄養が影響していると考えられます。

1.ストレスによる影響
日頃ストレスを感じることで頭皮が硬化を始めてしまいます。
その影響で、血行不良になってしまい酸素が行き渡らなくなってしまいます。よって薄毛や抜け毛を招き、結果的にM字ハゲ等を引き起こす原因になってしまいます。

2.血行不良による影響
血行不良に陥ってしまうと、毛髪の成長に必要な栄養分を、毛母細胞が毛細血管から摂取できなくなってしまいます。これにより薄毛やM字ハゲの原因になってしまいます。

3.睡眠不足や喫煙による影響
睡眠時間を十分に取れず睡眠不足になってしまうと、毛髪への負担が大きくなってしまい薄毛の原因を招いてしまいます。
また、喫煙は血液を汚してしまい、血流も悪くしてしまいます。結果十分な酸素を毛髪に取り入れることができずM字ハゲの原因になり得ます。

4.皮脂過剰分泌による影響
皮脂が過剰に分泌する事によって皮脂が頭皮の毛穴に詰まってしまい雑菌が繁殖してしまいます。また、皮脂が毛穴に詰まっていると毛髪の固着力が低下してしまい抜け毛を引き起こす原因になってしまいます。

▲ページTOP

あなたの薄毛もAGA治療でまだ間に合う!無料カウンセリングをお試しください。

薄毛治療 中央クリニック無料カウンセリングはこちら